コーヒー豆レビュー(エチオピア イルガチェフ G1 ナチュラル アラモ)

エチオピアコーヒーについて

コーヒーと人類の起源。

エチオピアは世界でも最も古い歴史を持つ国の一つ。さらにどこの国の植民地にならなかった稀有な国でもあり、そこには長く続く独自の文化が息づき、コーヒーもそのひとつ。アフリカナンバーワンの生産量、かつコーヒーの原種がいまも残り、コーヒーセレモニーを代表とするコーヒー文化もまた独特だ。
 
生産量はアフリカでダントツの1位。隣国イエメンと並び、コーヒーの生まれた土地としても名高い。かの地の伝説的な羊使いカルディがコーヒーの苗木を発見したという説はあまりにも有名。イエメンのモカ港から、それらが世界中に輸出されたことから、エチオピアで採れる豆のことは今もモカと呼ばれる。
 
大きいほど立派な豆とされる一般的な常識はここエチオピアにはない。その豆は小さくとも、その独特のフレーバーが高く評価される。そしてここはコーヒーの生まれた地。これが本来のコーヒーの姿だろう。特に名産地シダモの中のイルガチェフというエリアで採れる、そのコーヒーは独特の香りから人気を博し、ここ数年のスペシャルティコーヒーのブームの火付け役ともなっている。
 
同じくスペシャルティコーヒーを代表する品種、パナマのエスメラルダ農園で復活を遂げたゲイシャ種は、元々はエチオピアにあったゲシャ村の品種を復活させたもの。そのゲシャ村にもゲイシャが採れる。コーヒーの故郷でもあり最先端。最も目が離せない産地の一つである。

当店販売中のエチオピアコーヒー

エチオピア イルガチェフ G1 ナチュラル アラモ

フルーティーな酸味と香り。赤ワインを思わせる芳醇さ。

フルーティーな酸味と香りは抜群です。熟成はしてるけど明るい印象の果実味。しかしこの赤ワインのような芳醇さはなんなんだろう?焙煎した植物の種から抽出されたとは思えません。少しほろ酔いな気分になりました。

初めて飲む方はコーヒーの概念が変わるかもしれません。おいしいですよ!個性的ではありますが酸味は穏やかでマイルド。飲みやすいのでどなたにでもお勧めできます。やっぱりイルガチェフは特別な味わいですね。コーヒーだけでじっくりと味や香りを堪能したくなります。

※おすすめのハイロースト(やや浅煎り)の感想です。

生豆資料

古くは最高級水洗式アラビカの産地として知られていたイルガチェフでしたが、近年は完熟コーヒーをアフリカンベッドて丁寧に天日乾燥したナチュラルアラビカが、スペシャルティコーヒーの世界で定評を得るにいたりました。ここ数年は、イルガチェフの中でも、特に高品質で特徴的なコーヒーを産する特定地区の名前が知られるようになってきました。
アラモ村も、そのような地区の一つで、柔らかさの中にしっかりと甘みを秘めた、熟したトロピカルフルーツを思わせる甘みのあるフレーバーと深いコク、穏やかな酸味のバランスのとれたイルガチェフの一級品ならではの香味をお楽しみいただけます。

品名:エチオピア イルガチェフG1 ナチュラル アラモ
産地:エチオピア中南部、南部諸民族州、ゲディオ地方、イルガチェフ地区、アラモ村
標高:1920~2020m
品種:地場品種
精製:ナチュラル
完熟チェリーを手摘み、アフリカンベッドで頻繁にかき混ぜながら、2~3週間かけて天日乾燥。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる