MENU

ブレンド【スプリング】

仕事の合間に飲んだ浅煎りのペルーコーヒーがやたらうまい!最近あまり飲んでなかったかな?寒いと深煎り向けの豆が良く出るので必然と深煎りを飲む機会が増えるのですが、それでも冬の間ずっと飲んでなかったってことはないと思います。ここ最近の急な気温の上昇がペルーコーヒーをより美味しく感じさせてくれたのかもしれません。

当店の窓から見える景色は道路と看板くらいですが、鮮明になったコントラストが太陽の高さを感じさせてくれます。春ですね。浅煎りのコーヒーのイメージとリンクします。暖かい日差し、華やかな香り。

ただ他の浅煎りコーヒーのときはそれほど衝撃を受けなかったのにペルーはなんでだろう。日差しのような鮮やかな酸味ももちろんですが、思い返すとほのかに感じる「えぐみ」が原因だったかもしれません。「ほろ苦さ」っていう表現のほうが適当な気もしますが苦いだとそのままコーヒーの苦さとイメージがダブる気がして。伝えるの難しい。菜の花とかフキノトウ?悪い意味ではなく若い緑のような。なんか春っぽい気がしてきました。

ブレンドの「ウインター」が結構好評だったので今度は「スプリング」と思っていたところにちょうどペルー。春のブレンドの軸はペルーに決まりました。

すごく気に入ってしまうと逆にいじりにくいです。ただちょっとペルーの南国的なビビッドなところが春っぽくないと感じていたので少しクリーンな方向を目指しました。いつ書いたかわからない「ペルー、東ティモールgood!」のメモを信じたらなかなかいい感じ。アフターテイストが弱かったのでちょっとだけエチオピア。鮮やかでクリーン、日差しのような酸味、ほろ苦さ。春らしいブレンドになったと思います。

追記(2022.04.09)

メインのペルーにもう少しがんばってもらうためにシンプルな2種類ブレンドに変更しました。鮮やかさの増したブレンド【スプリング】を是非お試しください!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる